« 鳥 | トップページ | 週末の家事。 »

ブラボー☆十和田冬物語2008☆

こんにちは☆つくだ煮屋です。

皆さん、今回の連休をどうお過ごしですかnote

私は連休があるといてもたってもいられなくなり、

すぐに旅行の計画を勝手に進めてしまいますlovely

今回の連休の旅は先週の金曜日に思い立ったので

近場で・・・ということで、

『十和田冬物語2008』

を目指すことに決めたのですっsnow

行ったことある方、もしくは今年の冬物語に行く予定の方、

いらっしゃるでしょうかsign02

あれ程圧倒される冬祭りは初めてでした。

十和田湖畔で開催しているのですが、

秋田県と青森県の境目ということもあって

2県で協力し合ってのお祭りなんですね。

だからスケールが違います!!!

だって、2月1日~24日まで毎日花火は上げるわ

イベントはやるわ、雪像もなんだか盛大♪

中でも私が感動したのは「かまくらBar」

中が青くライトアップされた幻想的なかまくらBarは

まさに隠れ家的スポット☆

椅子からテーブルまで全部雪snow

氷のガラスにマスターから注いでもらった時のあの感動shine

お酒の種類も様々なんですが、私はオレンジジュースを注文bottle

ただのオレンジジュースを出すのではなく、

果汁シロップや秘密エキスを入れてくれる本格派なお店でしたheart02

食彩ドームでは秋田県と青森県の名産・特産の食べ物がずらりと勢ぞろい!!

あそこにいるだけで全部食べつくせるなんて、滅多にないことだなぁ

津軽三味線に胸を打たれ、遊びに来たという2匹のなまはげにも

会場が沸き、寒さも忘れるくらい楽しんじゃいましたup

今年で10年目になるこのお祭りですが、

親子連れはソリを持参してくる人がほとんどで、お父さんがたが子供を乗せて広い会場内を練り歩いていて「なるほど~think」と思いました。

あれなら小さい子たちが疲れずに、迷子になることもないですねcat

それと、最初に500円払ってしまえばグリューワインという温かいワインが飲み放題!

グリューワイン専用のグラスは「十和田湖冬物語2008」という名入れの可愛らしい小さなもの。

飲み終わったら記念に持ち帰れるのがまた醍醐味wine

とにもかくにも冬の花火を堪能して宿にテクテク歩いて帰りましたmoon1

やっぱ日帰りだとキツイです。1泊して正解♪

歩ける距離の宿をとれば、駐車場でのタイムロスや

帰りの渋滞に巻き込まれずに済むからいいんだよなぁ~spa

ところがここでも私のドジが。。。

せっかくデジカメ持ってきたのに、充電したのに、アルバムまで事前に用意していたのに!!!!!!!!!!!

ホテルの部屋にデジカメを置いて祭会場に行ってしまったぁcrying

歩いて行ける距離とはいえ、取りに戻るにはちょっと困難だったんです。。

携帯も部屋に置いて出てきたのでせっかくの幻想的な世界が

1枚も記録に残らなかったとさ・・downdowndown

翌日の朝に行った十和田湖と奥入瀬はしっかり撮って来ました☆

朝の湖畔の空気・・・無我夢中で吸いまくってきました(笑

白鳥にエサをやるとこんなにも心が和むのか・・・shine

Photo

乙女の像の前にも小さなかまくらがあり、夜はライトアップflair

Photo_3

あまりに悔しかったので、もう1度祭会場に行って入場ゲートだけだけど撮影成功good

Photo_6 

でもやっぱり夜のあの感動はないなぁ・・・。

奥入瀬は滝が全て凍り付いていて、これはこれで珍しい光景で良かった(?)かもwave

Photo_7

しかし、連休の2日目で祝日だというのに十和田湖周辺に密集しているお土産やさんの半数以上が閉まっていた。。

お土産を買いに入っても愛想ない対応の店員さんがほとんどで

ちょっと残念。

せっかく十和田湖に感動したのに。

冬物語の影響もあって朝~昼間にかけて十和田湖畔には

観光客がいっぱいいてツアーもいたのに

お土産屋さんのシャッターが閉まりまくっているのにはちょっと、

ていうかかなりもったいないなぁと思いました。

皆さんの雪祭り情報や連休の出来事、教えてくださいhappy01heart

|

« 鳥 | トップページ | 週末の家事。 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

相方とずっと行っていたお祭です。
今年は行かないつもりだったのですが、
写真見ていたらやっぱり行きたくなってしまった。
むー。

投稿: negoo | 2008年2月11日 (月) 午後 09時46分

おばんですaries
かまくらBarとグリューワイン、こころ惹かれました♪
ここ静岡の志太地方は雪に無縁で、視界いっぱいの雪景色には数年前のスキー以来お目にかかっていません。
大雪に見舞われるところでは大変でしょうけど、僕にとって雪はやはり幻想的で憧れますね。

ちなみに最後の写真中央の小さく写っている方は、もしかしてつくだ煮屋さんですかhappy02

投稿: フルヤ | 2008年2月11日 (月) 午後 11時01分

こんばんは

このお祭り、気にはなっているのですが、一度も行ったことはないですね。
なかなか、良さそうな感じですが、映像がないのが残念です。

私が連休中にどこに行っていたのかは、ブログを見ていただければ理解できるかと思います。

投稿: arube | 2008年2月12日 (火) 午後 08時27分

negooさん●
ぜひ今年も行ってみては☆”
たいていは一回行けばいいかな・・・と思うのですが、この祭に関しては毎年行きたくなりましたhappy02

フルヤさん●
雪に無縁は羨ましい限りですが;これも秋田に生まれた宿命だと思って四季を楽しみたいですsmile写真は友達っすwink

arubeさん●
確かに映像がないですね。でも迫力とか動きのある祭じゃないので、映像だとかえって良さが伝わりづらくなりそうですdelicious
ブログさっそく覗きに行きます♪

投稿: つくだ煮屋 | 2008年2月14日 (木) 午後 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183846/40088867

この記事へのトラックバック一覧です: ブラボー☆十和田冬物語2008☆:

« 鳥 | トップページ | 週末の家事。 »