« 2007年1月14日 - 2007年1月20日 | トップページ | 2007年1月28日 - 2007年2月3日 »

通なわかさぎ!!!!の巻

こんにちは☆つくだ煮屋です。

Photo_2  

みなさん、行きつけのお店ってありますか??

飲食店・温泉・美容院・服屋・スウィーツ店・・・

もうすぐ、私の行きつけの店がなくなってしまいます。

小学校の時からの付き合いだったので、寂しいですね。。。

行きつけの店がなくなるという悲しさもあるけど、

そこの店主や商品と会えないことが一番寂しいです。

うちの店にも常連客がいます。

私は入社して間もないので「この人はおとくい様」というのは

まだまだ把握できていませんが、よくお店に買いに来てくれる

お客さんの顔はだいたい覚えています。

そのうち好みや注文スタイルが分かってきて、「いつもの」

で通じることも(笑)。

そういう人はやっぱり通なんですよね。通な人。

私以上にこの店の歴史を知っていたり、「こないだ味ちょっと違う感じがしたよ」とか、通な人はやっぱり通です。尊敬するくらい。

入った当初、一緒に詰めてた社員の方に

「佃煮の中で一番何好き??」

と聞かれ、「あられ大好き♪」と答えると、

『本当に佃煮通な人ってねぇ、わかさぎが一番好きなのよ』

と言われました。なんだかそれが当初の私にとって

威厳というか、名言というか、説得力があるというか(笑)

とにかくスゴイ言葉に聞こえたんです。

それが本当なのかは分かりませんが;

去年の種苗交換会で出店した際、試食も出していたのですが

小学校低学年くらいの男の子がお母さんと一緒に来ていて、

その子のお母さんはしきりに「あられは?」「白魚はどう?」

と、お子様でも比較的食べやすいものを男の子に勧めていたのですが、男の子は一通り吟味したのち、

無言でわかさぎを指差したのです!!

お母さんは「それ本当に食べれるの~?」と笑ってたけど、

男の子は「この中でこれが一番美味しい。」と。

お母さんが「他に何買う?」と聞いても「わかさぎ。」

「おんなじの買うの?!」と聞いても「わかさぎがいい!!」

・・・結局わかさぎだけで3個も買っていきました。

私は心の中で(この子は幼いながらも佃煮を分かっているな・・)と密かに認めてしまいました(笑)。

私が小さい頃はやっぱりあられ大好きだったけどなぁ;

でも最近少し大人になってわかさぎも好きになってきた(^^)

ぜひ通なわかさぎ、食べてみてください☆

PS:コメントをくださる皆さん、ありがとうございます★

コメントが入ってるのを確認する度に感激してます。。

しかし私の家にはパソコンがないので、ブログが見れるのは

会社だけなんです;;休みの日だと全然かまえないので

ずっとブログの事とかコメントのことが気になりっぱなし(^^;)

なので、コメントの返事とかブログの更新ができないことが多々

ありますが、あしからず・・・(>-<)ちなみに明日は休みなので、

また月曜に☆☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お客さんに届くまで。。。Part2

それでは昨日に引き続き!今日も行ってみよう♪

Photo_5 詰め終わったらぐるっとラップします。このラップはフタがわり

になるので、いかに綺麗ピンッと張ってかけれるかが

勝負です!商品名シールを丁寧に貼って、

雲りゅう紙と一緒に木箱に入れれば詰めの作業は終わりです☆

Photo_6 包装に移ります。この木箱の詰め合わせはお中元・お歳暮に

使われるお客さんが多いですね。ちなみに掛け紙

は春・夏用と秋・冬用があり、季節に応じて変えます。

写真の掛け紙はお正月ようのちょっとゴージャスなイメージです笑

Photo_8 そして皆さんに届くころには、このようによそ行きの格好を

して到着します★うちの店のテーマカラーでもある

えんじ色にも似た赤が特徴です♪

案外簡単?!と思うかもしれませんが、全部を手作業で行うので

想像以上に手間と時間がかかります。私はこの木箱1コ作るのに

全部一人でやると10分近くかかりますが、ベテランになると

5,6分でちょちょいとやってのけます!笑

常にお客さんにいい状態で届けられるように

これからも努力しなくてはッ(^-^)♪

http://www.chida.co.jp/

おまけ☆編集後記

Photo_9 普段つくだ煮は冷蔵庫・冷凍庫に眠ってます。

冷蔵庫にはバンジュウに入ったつくだ煮たちが

出される日を胸に、ズラッと並んでいます(笑)。

Photo_10 私が入社してまず目を丸くしたのは、つくだ煮の種類

でした。この一覧表の商品名と各単価を覚えなきゃ

いけないのですが、一生覚えられないだろうとさえ思いました;

あくまでも店の種類だけで、業務用とかになるとまだまだ種類は

あります。。。

Photo_11 夏に店先で撮影しました☆

おそろいのえんじの赤いエプロンと白い工場帽子が

基本スタイルです♪笑

| | コメント (7) | トラックバック (0)

お客さんに届くまで。。。Part1

こんにちわ☆つくだ煮屋です。

もう少しで免許を取って1年。さらば若葉マークっっっ!!!笑

付けてるのがかっこ悪いと思う気持ちは多々ありますが、

若葉だからこそ許された・・・というエピソード満載の私です;

そして4月でつくだ煮屋に勤めて1年になります。

ここではまだまだ初心者マークは外せなさそうです(^-^;)笑

私はこの一年間、店という部署で働いてきました。

今思えば入社当初は驚きの毎日でしたね~。

スーパーとかで並んでる品物は、なんでも機械でやってるんだろう

という素人的解釈だったので;

案外手業が多いんだなぁってビックリしたのを覚えてます。

そこで今日は工場で製造されたつくだ煮たちが

店からお客さんの手元に届くまでの一通りの流れを

紹介しちゃいます!!

①まずは計量ですよね。単価に伴ったグラムなので、

間違いは禁物!多い分にはいいですけど(笑)、表示より

少なかったりするのは厳禁なので、集中する所です。

この1台の量りで全部やってます。

Photo_2

Photo_3 これは木箱に入る6種類の詰め合わせセットです。

箸でより綺麗に、より美味しそうに見せるように

ならしていきます☆あられはの豆を上に。

白魚はこんもりフワフワに。わかさぎ甘露煮は一匹ずつ

並べていきます。

Photo_4 そして詰め終わった完成品がコレ!!彩りやバランスも

考え抜かれてます☆笑

長くなってしまったので、Part2は明日・・・

http://www.chida.co.jp/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

魅力のハタハタ!!

こんにちは☆つくだ煮屋です。

最近ガソリンが安くなってきましたね。

私の行ってるセルフはレギュラー129円→121円になりました♪

何気にガソリン代って負担になってるんですよねぇ(^^;)

遠出が好きなので、3日に一回くらいのペースで入れることも;

この間協和の道の駅に行って来ました☆

そしたらなんと!!

うちのつくだ煮がぁぁぁ!!!!

自分で詰めたつくだ煮が店頭で並んでいると、

妙に愛着が湧きます(^-^)笑

中でも他のつくだ煮よりも人気だったのは

『ハタハタの唐揚げ!!』 Photo

このハタハタ唐揚はいろいろな道の駅に置いてますが、

ターミナル(秋田空港)にも出しています☆

やっぱり地元の人よりも、秋田に観光に来た他県の人が

秋田=ハタハタ!という事で購入していくみたいです。

ハタハタは秋田の名産として幅を効かせてますね(笑)。

他にもハタハタ甘露煮というのもあります。

ハタハタは有頭無頭と2種類ありますが、Dsc06100

無頭が食べやすさでは勝ってるかも。。。

有頭は頭からしっぽまでぜーんぶ食べられるのが魅力だけど、

ちょっとグロテスクな外見に手を出せない人もいますね;

ハタハタの甘露煮の方はあまり出回ってるのを見たことが

ないのですが、男鹿の入道崎で見ました♪Photo_1

男鹿食品さんで出してます。ぜひお近くの道の駅で

チェックしてみてください(>▽<)☆★

  http://www.chida.co.jp/                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  

| | コメント (14) | トラックバック (0)

今から秋の話・・・

こんにちわ☆つくだ煮屋です。

最近は本っっっ当~にあったかいですね!

昨日が大寒でしたが、もうとっくに立春?と思う程です。

関東とかもともとあったかい地域の方は

あまり実感が湧かないかもしれませんが、

雪国秋田にいる私としては異例です。。

なんせ、去年がすさまじかったからね;

もう雪かきが心身共にストレスになっちゃって(笑)。

去年は異例の豪雪。今年は異例の暖冬。

結局は普通が一番なのかもね(^^;)

冬のうちから今年の秋の話をするのもなんですが、

この暖冬が、つくだ煮屋にとっては大きく左右することに

なるかもしれないのです!!

それは、「わかさぎ漁」

八郎潟の名産であるわかさぎ漁は大体9月頃から始まります。

そこで問題になるのが「あおこ」

これが多いとダメなんですよね~

川にあおこがたくさんいる状態だと、魚が臭くなるんです↓↓

昨年は結構いたようでした;もちろん、匂いのない魚しか

製品にしないので、結局は漁師の方達が漁ってきてくれても

使えない物も出てくる・・・ということになってしまうんですね。

漁期は朝から夜まで従業員総出で魚に

手を掛けている状態なんです;

あまり暖かい時期が続くとあおこが発生してしまうので、

この暖冬も楽ととるべきか、苦ととるべきか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月14日 - 2007年1月20日 | トップページ | 2007年1月28日 - 2007年2月3日 »