« 2007年5月13日 - 2007年5月19日 | トップページ | 2007年6月10日 - 2007年6月16日 »

つくだ煮作りの基礎とは・・?

こんにちは☆つくだ煮屋です。

今週はですね、「選別」という部署に配属されました。

内容は魚にゴミや異物が混入していないか見る、という単純なことなのですが・・・

この一言では収まりきらない大変さ!!!!!

何がそんなに大事かって、常に集中した状態で見なければいけないので

非常に神経を駆使する作業なのです。汗かくだけ動くのも大変だけど、

同じ場所にしばらく立ちっぱなしっていうのも容易なことじゃないんですよ~;;

私はまず首と腰がやられました。

下向きっぱなしの同じ体制なので、痛くなってもおかしくはないんですよね↓↓

どの仕事ももちろん同じですが、正確さと共に速さも求められるので

私みたいな初心者はもう誰とも会話せず黙々と一心不乱なわけですよ(笑)。

内心はかな~り焦ってるんですけどね(^-^;)

私がここ数日選別しているのは焼ワカサギ。生の魚を選別しているのではなく、

焼いたワカサギの原料を選んでいるんです。煮る前に選別してしまうのです。

煮るとタレの色で見えにくくなるので、事前に異物は取り除く!!

つくだ煮を作ったりお客さんに売ったりという仕事は結構表立っていますが、

この裏方の作業があってこそ、より良い製品が作られているのです(^▽^)♪

お客さんに安心して食べてもらえるように。。

選んでる方としては、一日いっぱいかけて選ぶ魚の一匹一匹が愛おしくなってきます(笑)

全てのつくだ煮の原料を選別しているわけではないのですが、

次につくだ煮を食べる機会などありましたら

この一匹一匹がちゃんと選ばれたものなのね~」と少し関心を向けてみて下さいね☆☆

Photo_11 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年5月13日 - 2007年5月19日 | トップページ | 2007年6月10日 - 2007年6月16日 »